Copyright © 2019 Keitaro33 Inc. All rights reserved. Design by Zerostar.

  • 山森けいたろう

脊柱管狭窄症について

最終更新: 2月21日

どんな症状?

脊柱管狭窄症とは、歩いていたり、立っていたりしている時に臀部から下肢にかけて痛みや痺れが出る症状です。


休んだり、前かがみになると症状が和らぐことも脊柱管狭窄症の特徴です。


そもそも『脊柱管』とは

背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を脊柱管といい、この脊柱管を構成する骨や靱帯の肥厚、椎間板の突出などで脊柱管が圧迫を受け狭くなることで症状が出てしまいます。



症状が悪化しても

けいたろう整体術では、手術が必要と言われた方に対してもアプローチをすることができます!

手術で改善を図るよりも短期間で完全な改善を目指すこと

も出来ます!


是非一度ご相談下さい!



53回の閲覧